写真をラミネートするときは注意が必要

スポンサーリンク

写真をラミネートしておき、長期間保存したいときがあります。

でも写真は、他の印刷物と違い注意する部分が多くあります。

貴重な写真はさける

写真をラミネートするときは、貴重なものはやめてください!(限定ブロマイド、家族の古い記念写真など)

写真によっては焼けたり、変色したりします。また、万が一ローラーに巻き付いてしまったりすると、焦げてしまう場合もあります。

必ず不要な写真でテストしてから、本番のラミネートをしましょう。テストは同じ紙質(同じ時期に撮った写真など)で、重要でないものを実験に使いましょう。

温度に注意

ほとんどのラミネーターには温度設定があります。写真をラミネートする場合は高温はさけた方が良いです。古い写真では変色する場合があります。

最近の新しい写真ならほとんど変色はしません。古い写真が注意です。

実験して、圧着できる最低の温度にしましょう。ただし低すぎるとしっかりとラミネートできず、はがれてしまったり、水分が入ったりしますので、十分注意してください。

熱を使わない簡単ラミネートもおすすめ

ラミネーターを使うラミネートでは高い温度をかけて接着しますが、簡単ラミネートなら熱を使わず、手で簡単に閉じることができます。

もちろんラミネーターのように完璧にピッチリと閉じることはできないのですが、色を美しく見せたり、水濡れに強くしたりすることはできます。

ラミネーター不要!手貼り式の簡単ラミネートフィルム!

ラミネーター(ラミネート用専用マシン)を使わずに、手作業で簡単にラミネートすることができる簡易的なラミネートフィルムです!

ラミネーターを使うタイプより割高ですが、マシンを買わなくてもよく、すぐに使えます。数枚のちょっとしたラミネートならこれでOK!もちろん防水、退色保護が可能です。

熱をかけずに閉じるので、写真やビニール素材の紙など、熱に弱い用紙にも使えます。

手貼りタイプ手貼りタイプ手貼りタイプ手貼りタイプ
A4サイズA5サイズLサイズ名刺サイズ
通常の事務用紙サイズA4の半分。ちょっと小さい用紙サイズ。写真サイズ名刺、会員証サイズ

アマゾンで見る
アマゾンで見る

アマゾンで見る

アマゾンで見る

 

上記に気をつけてラミネートが成功すれば、退色や水濡れを防いで、いつまでもきれいに見せられますよ!